前月←    過去の遺産メニューに戻る    →次月

2005年02月17日(木)
復活ッ!(0時40分)

前回の続きです。
土曜日に落札した液晶パネルですが、月曜日に届きました(思った以上に速かったです)。
で、月曜日の夜、早速動作チェック・・・と思っていたのですが、子供と一緒に寝てしまい(^^;、火曜日早朝にチェックしました。

1枚目。全く映らないわけではありませんが、バックライトが切れているようです(実はこれは後に勘違いだったと分かったんですが)。
2枚目。映りません。

う〜む、外れ?。と思いましたが、時間切れで会社へ。

火曜日の夜は、またもや子供と一緒に寝てしまい、水曜日の夜(先程です)に再度確認と修理作業を開始です。
まずは、元々付いていて割ってしまった液晶パネルのバックライト用蛍光管を取り外します。

蛍光管取り外し1
取り外しの図。
蛍光管取り外し2
縦置きにして蛍光管が見えるようにしました(画像小さくて分からないけど)。

写真は、練習の為、今回購入した内の液晶割れのパネルのものです。
下側のネジ4本を外し、テープやシール類を剥がす(私はカッターで切りましたけど)と、あとは爪で止まっているだけなので、比較的簡単に外せます。

で、これを移植して、さて、これでちゃんと映るはず・・・・、バックライトが点灯しません。
がーん、バックライト部分を壊してしまったか・・・、と思いましたが、ここで諦めるにはあまりにも忍びない。
バックライト用蛍光管だけ接続して確認しましたが、やはり点かない・・・と、あるスイッチの存在に気がつきました。そう、ノートのパネル部分を閉じると、そのスイッチが働いてバックパネルがOFFになるスイッチ!。
私はてっきりこのスイッチがONになるとバックパネルがOFFになるものだとばかり思っていましたが、念のためONにしてみると・・・、蛍光灯点灯!
構造を良く見ると、パネルオープン時はこのスイッチがONになり、パネルクローズ時にOFFになることを確認。
で、交換する前の蛍光管も念のため確認すると、蛍光灯点灯!。何のことはない、最初からこの1枚はちゃんと動作したのでした。蛍光管部分を交換したことにより、スキルは上がりましたが、その代償として、 左手人差し指の爪の間に僅かに出血(^^;、それからバックパネルと液晶部分のスキマが僅かな時間ですが開いた為、その間にゴミ(3mmくらいの細い糸くず。普段は気にならないがバックを白とかにすると、分かる)が入ってしまいました。
ま、そんなもん、あまり気にしないのでOKとしましょう。

で、復活した画面がこれ。
復活したノートPCの液晶パネル

何はともあれ、商品代金4000円+送料950円+振込み手数料(Yahoo!かんたん決済を利用したので198円)の合計5148円で修理完了出来ました。
安く上がって何よりでしたよ、本当。しかも上手くすると予備が1枚出来ます(割った液晶の基板を移植すれば、もう1枚も映りそうな気がしているので)。

しかし、絶妙なタイミングで出物でした。
割ったのが2月8日の午前中。出品が2月11日。しかも即決だったので、見つけていなければおそらく12日中に落札されていたはず。
割るのがあと3日遅ければ落札出来なかっただろうし、出品がもう3日早ければ、やはり私は落札出来なかったことでしょう。
本当にラッキーでした。

今回は、PC修理のスキルが(前から大分ノートPCの修理とかもしてましたけど)ちょっぴり上がって、個人的に満足感高いです。



そうそう、すっかり忘れていましたが、2月15日に、WISH10000km達成いたしましたっ!。
嫁さん運転中だったので、デジカメ画像は10002kmのものです(これも嫁さんが帰宅後撮った)。
WISH 10002km

514日で10002kmですから、1日平均19.46km。ま、通勤にも使っていませんし、土日もまだまだ遠出していませんから、こんなもんですかね。
およそ1年半で10000kmですから、車検の時に20000kmを超えているかどうか、と言ったところでしょう。
とりあえずめでたい。

ゴミもあったけど当たりもあった
2005年02月12日(土)
神降臨・・・か?(1時30分)

またもや10日以上間が開いてしまいました。
もちろん、CDチェンジャーは取り付けられていません(^^;。
その間、次のような悲しい出来事が・・・。

ノートPCの割れ液晶
次男坊による破壊活動の爪あとです(でも見ていたわけではないので、ひょっとしたら嫁の仕業・・・かも)。

2月8日の事でした。
子供(しかもまだ1歳2カ月)がやったこと(しかも私が液晶部分を閉じてなかったので閉じてくれた為らしい)なので怒るに怒れません。
オークションでジャンクノートPC(液晶割れ無し)を探すも、中々出物が無く(あっても結構な値段で取引されている。HDDも無くCDDも無くFDDも無く起動しない、とか言うのでも2万円前後はする)、 「新しい奴でも買おうかなぁ」と思っていた先程、「富士通ノート用 14.1TFTパネル ジャンク3枚セット 即決」と言うのが4000円(勿論即決価格が4000円)で出ているではありませんかっ!。
3枚中1枚は割れていて、残り2枚が動作チェック無しだが、割れ無しバックライトへの電源コネクタも有り(割れている奴はこのコネクタも無し)、と言う商品で、パネルASSYの型番が画像に写っていました。

『そのまま使えるかもしんない・・・・』

そんな思いが頭を過ぎりつつも冷静にパネル部分をバラし始めている私がそこに居ました(苦笑)。

ざっとご紹介。

ノートPCの割れ液晶パネル部
本体から取り外されたパネル部の図(実際には更にメクラ蓋のゴム×6も取り外してあります)。
本体からの取り外しは簡単なので割愛。後日掲載するかも。

ノートPCの割れ液晶パネル部UP1ノートPCの割れ液晶パネル部UP2
この写真の部分にネジがあります(反対側も同様。計6本)。

ネジを外すと簡単にバックパネルが外せます。

ノートPCの割れ液晶パネル内部1
内側。

更に液晶部分を取り外すのにネジ4本(極小です。精密ドライバでも外せないかも知れません。メガネ用のドライバがあればOK)を外します。
ノートPCの割れ液晶パネル液晶部分ネジUP
ネジ部分。こんな感じで4本。

このネジを外し、バックライト用のコネクタと映像用のフレキシブルケーブルを外すと、無事、液晶パネル部の三枚おろし(写真は2枚分)の出来上がりです。

ノートPCの割れ液晶パネル3枚おろし

で、型番を見たところ、ずばり、そのものでした。
ってなわけで、速攻で落札。3枚のうち1枚は、はっきり言えば「ゴミ(産業廃棄物)」ですが(一応、バックライトは使えるかも知れないけど、外してまでは使わない)、残り2枚のうち、1枚でも無事動けばOKです。
勿論、2枚とも動けば、なんと予備が1枚(液晶の予備を常備するってのも嫌な話だけど)。
送料、振込み手数料込みでおよそ5000円。動けば非常に安く修理出来たことになりますが・・・。数日後には結果が出ます。

それともただのゴミか・・・
2005年02月01日(月)
CDチェンジャー(23時15分)

年頭の誓いも忘れ、すっかり更新サボり気味な今日この頃ですが、頑張って行きたいと思います。
で、先月の末(自宅到着は1月25日)に、自分への誕生日プレゼントとして(苦笑)、トヨタ純正の6連装CDチェンジャーをオークションで落札しました。
落札額は7750円(送料と振込み手数料込みだと9160円)。全く同じモデルで添付品もほぼ同じ(アースケーブルのみの違い)物が1日後に11500円で落札されていたので、ちょっと得した気分です。

CDチェンジャー一式
届いた物一式です。本体の上のケーブルは、変換ケーブルなので使いません。オークションでは1000円程度で売っているようですが・・・売っちゃおうかな。

物は「CH6T-H19」と言う富士通テン製のチェンジャー。ケーブルもありますので、車への取り付け金具だけなんとかすればすぐにでも取り付けられます。

CDチェンジャー型番
CDチェンジャーマガジン型番

本体とマガジンの型番(自分の為の記録)。
マガジンはもう1つくらい有ってもいいかなぁ、とか思っていますが、その前に車へ取り付けないとね。

2月中には取り付けたいなぁ


前月←    過去の遺産メニューに戻る    →次月