前月←    過去の遺産メニューに戻る    →次月

2003年09月30日(火)
WISHドレスアップ第一弾(まだ決行未)(11時00分)

少ないお小遣いで、それなりに効果のある(自己満足とも言う)ドレスアップを目指そうと、まずはWISH乗りには定番(本当か?)のウインドウォッシャーノズルのボディ同色化を行うべく部品を注文しちまいました。
WISHは(まぁWISHに限らずこのクラスの車は)ウォッシャーノズルは全て黒色で、赤色のボンネットにチョコンと黒色の物が乗っかっている様子はさながら2匹のムシのよう。虫の駆除ですな(笑)。

もちろん、WISH用なんてないので他車の流用です。購入したのはアルテッツァ/ジータ用の3つ穴ノズル×2。WISHも3つ穴なんだけど、穴周りの形状は微妙に違います。
価格は900円/1個(税別)。パーツサイズからするとちょっと高いかな。物はまだ来ていない(在庫がなければ納期は2週間くらいらしい)ので、取り付け次第再度ご報告します。
本当はマークII(ヴェロッサ)用の4つ穴タイプの方が安くて(800円/1個)いいかなと思ったんだけど、同色となる3P0(スーパーレッドV)が無くデザイン的にはアルテッツァ/ジータ用の方が綺麗だったんで、こっちにしました。

同時にトヨタ純正の汎用型コインホルダーも3つ買っちゃいました。370円/1個(税別)。
WISHのインパネを見ると、ステアリングの左右に各々2個、メクラ蓋があります(家のは寒冷地仕様にしたので、左側は1つだけ。1つはウインドシールドガラスデアイサーのスイッチが付いてる)。
2.0Zや4WD車を買うとTRCスイッチやら4WDのスイッチやらが付いてるんですが、何の役にも立たないメクラ蓋なら少しは役に立つようにとコインホルダーを付けることにしました。
元々、WISHには「マルチボックス」とか言う名前でカップホルダー&コインホルダーがあるんですが、引出し式で位置もあまり良くないんですよ。
安かったんで3つ買っちゃいましたが(苦笑)、実際に取り付けるのは左右1個づつかな。私は左利きなので、ハンドルの左側にあった方が使いやすいんですが、嫁さんはどうも右側がお好みらしいので。3個全部変えちゃってもいいんだけど、コインホルダー3個は使わないだろうし(笑)。

こういうパーツはディーラーに部品番号さえ伝えれば取り寄せて貰えるはずなんですが、部品番号調べるための資料とかなかったし取り付けを自分でやるとか言うと嫌がられそうだったんで、通販で購入しました。送料1000円がちと痛いが、買いに行くよりは安いからなぁ。
総額は(900円×2+370円×3+送料1000円)×1.05=4105円です(これに銀行振込手数料が210円かかってるから実際は4315円)。

しかし知らなきゃ分からないドレスアップだなぁ。一応嫁さんにはマフラー(orマフラーカッター)は変えたいって言ってあるんだけど。

小技だけど
2003年09月29日(月)
紅白(13時00分)

お隣さん家のWISHと記念撮影。

紅白WISH

しかし、赤ってJPEG圧縮するとてきめんに汚くなるなぁ・・・。

めでたい
2003年09月28日(日)
一週間経過(20時10分)

WISH納車から一週間が経過しました。
300km強乗りましたが(私がハンドル握ったのは2/3ですが)燃料計の針は2/5辺りの位置です。単純計算で750kmくらいは走れるってことか?。
300km全て下道なので、だいたいの目安にはなりそうです。少なくとも600km以上走れるのは間違いなし。11km/Lくらいは行くのかな?。
チェイサーとはえらい違いだ。
車自体は可もなく不可もないといった状態。パワー&トルク不足は上り坂以外は気にならなくなってきたし、全体的にチープなのも(凄くプラチッキーなのな)、チェイサーと定価と比べれば半額程度の車なんで、仕方が無いと諦めがつきます。
走りにしたって、思っていたよりも足回りもしっかりしてるし(でも意味もなく固めてある気もある。しなやかさが足りない感じ)、音も静かだ、まぁスピード出してないから上まで回すとうるさいかも知れないけど。

屋根無しの駐車場なので、土曜日の朝に水洗いしましたが(ペイントシーラント加工してあるので基本は水洗いだけでOK)その際、リアのバンパーが一部外れているのを発見した時は驚いたけどね(苦笑)。
しかもはめ込み式だったので、パチンパチンとはめただけで直ったし。
10月中には1回目の給油もするし、もうちょっと高速道路を使ったような走りもしてみるつもりなので、その時にはもうちょっと突っ込んだインプレッションを書こうと思います。

今のところ(大きな)問題無し
2003年09月24日(水)
季節はずれの訪問者(12時00分)

昨日、嫁さんが和室の窓を開けようとしたところ、網戸になんか虫が止まっていたそうだ。
よく見るとクワガタ(但しメス)。
なんと季節はずれな(笑)。
で、捕まえて、カブトムシ(雄も雌も既に死んでしまいました)が入っていた籠に入れて飼ってます。
元気にカブトムシ&クワガタムシの餌ゼリーを食べてます。
多分コクワガタのメスだと思うんだけど、メスの見分けは難しいので今度の休みにでもじっくり見てみよう。
カブトムシは1年限りだけど、クワガタは上手に飼えば数年(オオクワガタなどは5年くらい生きる場合もあるそうだ)飼えるので頑張って越冬させてみようと思ってます。
まぁ、乾燥さえさせなければ結構簡単に越冬できるらしいけど。

これで今年はカブトムシ(雄)とクワガタムシ(雌)が各1匹飛来したことになりました。
来年はチビも5歳になるから捕まえに行くかなぁ。近所にもいるところあるし。

クワガタ飛来
2003年09月22日(月)
納車!(5時20分)

微妙に台風がそれた昨日、WISH、納車されました。
納車されたその足で、嫁さんの妹夫婦の家に寄り、どこかに行こうと言う話で二週連続トヨタ博物館へ(苦笑)。
昨日は約90kmほど乗りました。
ファーストインプレッションはまた後日。
まだ眠たいので納車記念撮影(自宅に帰ってきてからだけど)の写真をのっけときます。

赤WISH前
赤WISH後

完了!
2003年09月19日(金)
任意保険の切り替え(17時30分)

一昨日の夜(17日ですな)、WISHの車検証(のコピー)がディーラーからFAXで送られてきた。
要は「任意保険の切り替え、やっといてね」ってこと。

さっそくチューリッヒのHPにアクセスし(チェイサーの任意保険、チューリッヒなんです)、切り替え日付を9月21日に設定して、車の入れ替えを行った。
こういう手続きがネットで出きるって本当に便利だよね。こう言う時つくづくそう思う。
ただ、その際にエコカー割引が変更出来ないのに、一覧では「エコカー割引:なし」と言われる。三ツ星カーなので、エコカー割引出来るはずなのになぁ。ちょっと悔しい。
車を入れ替えることで保険料の追加支払or払い戻しがあるかも知れないと思ったが、結果的には追加支払無しで車両保険150万円→260万円(上限)になりました。
どっちにしろ年末に再度更新手続きがいるんだけどね。更新時は幾らになるかなぁ。ほぼ限界まで来てるからこれ以上は安くならないかなぁ。

ところで、車検証が来たので車のナンバーも判明した。「184」(いやよ)と言う発信者番号非通知な番号でしたよ(苦笑)。
ま、覚えやすいのは良いことだね。



そういえば、納車日に台風が来るらしい(苦笑)。本当は納車日にどこかへ出掛ける予定だったんだけど、台風は勘弁して、って感じなので、近くのショッピングセンターにでも行くくらいかなぁ。
さすがナンバー「184」だけあるなぁ(苦笑)。

嵐を呼ぶ車
2003年09月16日(火)
WISH納車日決定(12時00分)

なんか一週間以上も間が空いてしまいましたが、その間、仕事多忙、チビ風邪引き、友遠方より来る、で結構忙しかったです。
日曜日には友達と久々にトヨタ博物館に行き、目の保養をしてきました。やっぱトヨタ2000GTは格好いいなぁ。

で、WISHですが、ディーラーへの搬入が17日(明日だね)、ディーラーオプションの取り付けやペイントシーラント塗布やらの作業が入り、20日の土曜日には引き渡しが出来る事になりました。
でも20日は、本当は13日に行う予定だった父親誕生日の食事会とミラージュの引渡し(共にチビの発熱のため延期)が入っているので、今のところ21日の日曜日に受け取りに行く予定です。
契約から一ヶ月かからなかった事になりますね。それなりに早かったかな。
今から楽しみですが、20日にミラージュと、21日にチェイサーと、2日続けて現行使用車とお別れで、それはそれでちょっと悲しいですね。

21日(日曜日)予定
2003年09月08日(月)
WISH購入記 その3・・・くらい?(18時30分)

土曜日(9月6日)に嫁さんがミラージュを買った店の人が営業に訪れたので、今度WISHに買い換える際にミラージュも処分する旨を伝え、ミラージュの見積りを頼みました。
因みにチェイサーを見積もってもらった時に同時にミラージュを見積もってもらったのですが(買取として)計四ヶ所で見積もってもらって、一番良かったのが、

「チェイサーを今週中に買い取られて貰えるとして5万円」

と言うところ。
チェイサー無しだと買い取れないと言われていたので、ミラージュ自体の価格はやはり限りなく0円に近いと言うことでした。
そんなわけで、今回もあまり期待はしていなかったのですが、昨晩電話があり

「今までのお付き合いもございますので、今月の早い時期に買い取らせて貰えるとして自動車税の戻し無しで8万円

と言うありがたぁい回答を貰いました。
因みに自動車全の戻し金額が11000円だそうですから、実質は約7万円と言うことか。
それでもWISH購入の足しになります。
購入金額155万円の内、1万円払込済で残り154万円。
貯金を切り崩してなんとか141万円は用意出来るといった感じで、残り13万円どうしようかと思ってましたが、これで13万円中の8万円の目処が立ちましたから残り5万円。これなら普通預金から出せる金額です(おいらのヘソクリからも出せる(内緒))。

意外な高値
2003年09月05日(金)
実験(23時30分)

J−PHONEの携帯で、東芝製のT−09と言う機種がありますが、外見も機能的にもこの間買った、TT31とほぼ同じ。
で、J−T08/J−T09/J−T10には、東芝のHPから内蔵データの取り込み/書き込みソフトが無料でダウンロードできます。
記事を読む限りにおいては、専用の接続ケーブルが必要なようですが・・・・。

そこで実験。
「汎用ケーブルと非対応携帯でもそのソフトは使えるのかどうか」!

まずはソフトをダウンロード。約7MBありますが、10秒もかからずダウンロード終了。ブロードバンドの力は偉大だ。
で、インストール。無事完了。
さっそくシリアルケーブルで接続し、ソフトを立ち上げ実験開始。

結果。あえなく撃沈

まぁこんなもんか。

失敗
2003年09月04日(木)
メタモルフォーゼ(23時30分)

昨日のことになっちゃいますが、8月24日にサナギになったキアゲハの幼虫が、サナギから蝶に変態しました。
朝見たときにかなり羽の色が黒くなってきていたので、おそらく今日(9月3日の事です、念のため)か明日には羽化するだろうとは思っていましたが、当日のお昼頃(13時過ぎだと思われる)に羽化したようです。
嫁さん曰く「お昼前に見たときはまだサナギだったのに、14時頃見たらもうチョウチョになってて、びっくりしたよ」との事。
本当はチビに羽化の瞬間を見せてあげたかったのですが、それはまた次回と言うことになりました。
それでもあの芋虫からサナギに、サナギから蝶に、と想像も出来ないような変態に、ちょっと興奮気味のチビでした。
10日以上も飲まず食わずの蝶なので、チビが保育園から帰ってきたらさっさと逃がすように言ったのですが「パパが帰ってきたら一緒に逃がす」と言う事で、18時30分頃までひもじい思いをさせてしまいました(苦笑)。
夕方、籠から出すと一目散に上空へ飛び立つ蝶。ちょっと感動。

8月24日サナギ前8月25日サナギ初日
8月24日
幼虫がサナギになり始まる所。
よく見ると分かりますが、糸で体を固定してます。
8月25日
1日ですっかりサナギ
8月28日サナギ4日目9月3日サナギ10日目(羽化直前)
8月28日
微妙に変化があります。
9月3日
羽化直前。羽や体が透けて見えます。

写真はCAMEDIA C-3100ZOOMで撮影後、トリミング&リサイズ&再圧縮、です。
因みにちょっと前の内蔵フラッシュメモリ故障のEXILIM液晶画面撮影も同様です(再圧縮率が大分違うけど)。

サナギから蝶へ
2003年09月03日(水)
続・携帯内蔵カメラの画像(9時30分)

携帯の内蔵カメラですが、EXILIMと比べても良い点があるのに気が付きました。
それは異常なほど接写が出来ると言う点です。
1cmくらいまで寄れます。
もっともやはり周辺部がボケたり、何故かその逆でレンズ中心部分がボケたりしますけど。

壱萬円札の人アブラゼミ
壱萬円札の人のアップです(笑)。
およそ1cmまで寄ってます。
中心部分(目)がピンボケですね。
でも生え際とかちゃんと写ってる。
野外でアブラゼミを1枚。およそ5cm。
色がちょっと変だけど、まずまずピントは合ってます。

今回もレタッチ等は全くしてません。

EXILIMが全然寄れないカメラなので、ちょっと使い分けが出来るかも。

寄れる寄れる♪
2003年09月01日(月)
携帯内蔵カメラの画像(13時00分)

昨日購入した携帯の内蔵カメラ画像です。
携帯からの画像取り込みは「ケータイリンク6オンライン版(3200円、税別、プロレジ手数料別)」です。

288×352野外(JPEG)288×352野外(JPEG)レタッチ
最大解像度で撮ったもの(JPEG)。
周囲がボケボケですな。
ちょっとだけレタッチしてみました。
シャープネスとかガンマ値変更等
144×1762野外(JPEG)144×1762野外(PNG)
携帯の液晶解像度で撮ったもの(JPEG)。左と同じだが、JPEGではなくPNGで保存したもの。
288×352屋内(JPEG)144×1762屋内(JPEG)
屋内で撮ったもの。
野外と同様周囲がボケボケでしかも湾曲している。
左記と同様で解像度を下げたもの。

携帯で撮ったままのデータです(レタッチした、と明記した1枚を除いて)。大きいサイズのものがCIFサイズ(288×352ドット)、小さいサイズのものがQCIFサイズ(144×176ドット)です。
野外のQCIFサイズの2枚(JEPGとPNG)を見比べると、カメラ内部のJPEG圧縮率はかなり高めのようです。PNGの方がエッジ部分等ははっきり写っています(ノイジーとも言えるけど)。QCIF以下のサイズでは、JPEGかPNGか選択出来る(撮る前に、ですけど)のですが、CIFサイズはJPEGオンリーです。ちょっと残念かな?。まぁパケット代考えるとデータサイズを抑えるには仕方が無いのかも知れませんけど。
手ぶれに弱そうなので、チェイサーがぶれているのはカメラの性能ではなくて、私の写し方のせいかも知れません。

屋内でも一応フラッシュが付いているのでそこそこ写りますが、周辺部分はかなり歪みが出ています。

総じて、今のデジカメ画像に慣れてしまった身には辛い画像です。デジカメ持ってない時にどうしても画像データとして残したい場合限定、かな?

世間が「100万画素超!」と言う時代に11万画素の携帯画像レビューでした(苦笑)。
だって、Tu−KaだとTK31が31万画素だけどC−MOSってことで、写りだけ見たらTT31が最良と言われてるんだもん。

ないよりはマシ


前月←    過去の遺産メニューに戻る    →次月